スポンサーリンク
早速だがリシュケシュでヨガをする方法は次の二つがメジャーらしい。

①自分で宿に滞在し、各ヨガ教室で毎日決まった時間に開催されるコースに毎回金を払って参加する(ドロップイン)
②アシュラムという場所に滞在してそのアシュラムで毎日朝晩ヨガをする。(アシュラムの参照→Akhanda Yoga Japan

最初はアシュラム行こうと思ってた。もちろんルールを守らないといけないしドロップインで参加するよりも確実にストイック。ヨガに集中するには良い環境だと思う。さらに滞在費、食費、ヨガ費すべて混みで一泊1000ルピー(約1700円)くらいで滞在できるらしく多分ドロップインよりも安くつく。

しかしヨガの先輩ゆか氏に話を聞いてみると「気が乗ったときに好きな先生の所でヨガに参加できるドロップインがひかりーたちゃんにはおすすめだよ~~」というアドバイスをもらう。更にアシュラムにはwifiも無いところが多いらしいし二週間くらいいる以上食事は自分が好きなもの食いたい。それに1か月以上も一緒にダラダラ旅をして僕の生態をよく知っているゆか氏のアドバイスは説得力がある。

結論:別にヨガで食ってく訳じゃなくて趣味にしたいだけだしそんなにストイックじゃなくていいな。何よりも楽しまないと!溜まりに溜まった旅の記録も進めないといけないしな!

ということで結構あっさりと妥協してドロップインに決定。今日の夕方からヨガ始めようと思っていたのだが聖地パワーのせいか、不思議と5時に目が覚めたので事前に調べて日本人から評価が高いところに行ってみることにした。

宿を出るとすぐにラクシュマンジュラの橋。まだ5:30ごろだがちらほらと人はいた。今日から僕のヨガ生活が始まるー\(^o^)/
IMG_0915
IMG_0917
今朝行く教室はタポバンというラクシュマンジュラの西側のエリア。わくわくと緊張が入り混じってます。なんせスーパービギナーですからね。
IMG_0920
そして到着。かつて日本人宿だったというキイロイ家の隣。Nirvana Yoga。
IMG_0921
屋上に行くと優しそうな笑顔の先生が出迎えてくれた。他に生徒はおらずマンツーマンでスタート。今は雨季ということでオフシーズンであり生徒も少ないから朝と夜の2クラスしかやっていないらしい。この時期(現在6月)は教室を閉めてるところもあるんだって。一回1時間~1時間半で料金は300ルピー(約520円)。日本で行ったことないから知らないけどこれって凄く安いんじゃないの?しかも実質プライベートレッスンだし!

ヨガの内容に関してはまた後日書くことにしよう。1時間少々のリシュケシュでの初ヨガ教室は滞りなく終了。言うまでもなく汗だくだが若干物足りないかなくらいの感触だった。もちろんできないポーズも一杯あるし自分の体の硬さは再認識したんだけれども。先生は僕に合わせてくれたようで初心者だから少しづつレベルアップさせていこう、言って見送ってくれた。

帰り道はとてもさわやかな気分ではあった、がなんせ経験が無いもので今の教室が良かった良くなかったという判断ができない。とりあえず今日と明日は色んな教室に行って色んな先生を見てみよう。
IMG_0926
IMG_0928
橋を見上げるカフェで朝飯。いかにも欧米人が好みそうな作りが印象的だった。この町は一昔前はもっと神聖な雰囲気があったらしいが今は観光地化してだいぶ変わったらしい。僕が一番驚いたのはインド人観光客の多さかな。
IMG_0938
IMG_0943
たかこさんは明日リシュケシュを出発するというので今日は町案内のような形で散歩に付き合ってもらうことにした。
DSC05773
ヒンドゥに関しては一切知識ないけどお寺らしき建物がちらほら。
DSC05791
DSC05781
神の姿もちらほら
DSC05767
宿のすぐ前のシヴァ。すごくかっこいい。一緒にセルフィを撮るインド人観光客沢山。インド人はセルフィしまくる。え?後ろの何と一緒に写りたくてセルフィしてるの?ってことが多々ある。SNSとかで上げるんだろうなぁ!なんか僕が勝手に描いていたインドの印象と結びつかないかも。
DSC05784
ガンジス沿いはどこを見ても沐浴する人で溢れている。男はパンツ、女はサリーでそのまま入るんだね。何よりもみんなすごく楽しそう。これももっと神妙な雰囲気で沐浴すると思ってた僕の想像を覆した。やっぱ来てみなきゃわからないもんだ。まぁ暑いですしね!
DSC05772
DSC05771
DSC05785
インド人男性たちに囲まれてセルフィに写ってくれと頼まれるたかこさん笑。何度かあったなぁ。若干いやらしいのは本当は女性とだけ写りたいのに最初は一応僕も一緒に誘ってその後にたかこさんに2人でも撮らないかい?というやつ。いや、僕に対する気遣いか笑
DSC05777
どこから取ってきたの?ってか日本の猿と似てるね。
DSC05780
再びタポバンの方に行ってみよう。昼間はもの凄い人出なうえに我が物顔で耳障りすぎるクラクションを鳴らしながらバイクが通るので橋は大混雑。絶対ちょいちょい轢かれるでしょ。こんな人で溢れた橋をバイクで走ろうとする神経が理解できないなぁ。いやいやここはインドだ。自分の常識を当てはめようとしちゃいかんか。。。
DSC05790
DSC05798
昔あのビートルズがこの町でヨガの修行をしたことがあるらしい。彼らが滞在したアシュラムは現在廃墟になって放置されているがそこはビートルズファンにとっての聖地でもあるらしい。なんとその修行中に僕でも知っている"Black Bird"などの曲が生み出されたらしい。カフェや壁画も見つけた。
DSC05811
DSC05826
手作り人力メリーゴーランド。右のおじちゃんが頑張って回してる。乗ってる子供の顔が引きつってる気がする笑
DSC05833
ガンジスを見渡せるカフェで小休止。高いところにあり風通しが良くてとても気持ちよい。また来よう!長めの滞在だから癒しスポット早めに見つけないとね。
DSC05821
DSC05818
ざわざわ
DSC05828
ざわざわ、ざわざわ
DSC05832
たかこさんと飯を食っていると「私ヨガインストラクターの資格持ってるんだよねー」。来たー隠し情報!俺ヨガしに行くって伝えてたんだからもっと早く言ってくれても良かったのに笑。ということで夕方はインストラクターたかこのおすすめヨガ教室に行ってみた。リトルブッダカフェの近く。
DSC05840
ここは先生が数人おりホールもAとBがあるらしく多くのクラスがあった。僕は夕方のビギナーコース。1時間200ルピー。ここでは日本人の男性と出会った。彼はアシュラムに行く予定らしいが日程が合わなかったのでコースが開始するまでここに来ているという。他には数人の欧米人がいたが確かにみんな初心者のようで僕でも安心して参加することができた。
IMG_0957
ヨガの後に彼、改めりょうすけ君と飯を食う。そしてりょうすけくんが泊まっている宿を見せてもらったのだが個室でなんと200ルピーだという。え?個室で350円ですか?今の宿は個室で400ルピーだが設備は同じでトイレシャワー付き(水のみ)、天井にはでかいファン付き、もちろん鍵も掛かるし宿の人も親切だという。ただ若干の欠点は立地。そんなに悪くないんだけど今のMango Treeの立地が良すぎんだよなー。橋の近くだしすぐ近くには飯食うところも商店も一杯ある。いやでもこっち半額だからな!クレイジーだな!ちょっと考えてみるか。

ということで一応ヨギーデビューした1日と言えるのではないでしょうか!明日からも頑張ろう\(^o^)/
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク